白内障手術の費用は片目7万円!眼内レンズのデメリットは

目がかす無、まぶしい、二重三重に見える、薄暗い場所で細かい文字が見えにくいなどの症状は白内障の人によく見られる症状です。

これらに当てはまるものがある場合白内障の可能性があるかもしれません。

 

白内障は早期の場合点眼薬、進行すると手術(眼内レンズ)などの治療をしなければいけなくなることもあります。

この眼内レンズを行う時に自分に合ったレンズの選択をしなければいけません。今回は白内障について紹介します。

main_4

 

 

白内障の発症率は60代の人が約60~80%80代以上になると100%の方がなっているんです。原因は加齢で高齢者に多くみられる病気です。

見え方に影響することは個人差があるので、全員の白内障患者さんが手術を必要となる訳ではありません。

白内障の原因は加齢以外にもあります。

 

  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • 目の外傷
  • 他の目の病気
  • ステロイド薬(ステロイド薬で長く治療をしている場合)
  • 先天性子供のころから白内障があることも)

 

これらの治療や病気をしたことのある方は若くても白内障になってしまうことがあります。

 

 

白内障のメカニズム

目の水晶体はカメラでいうレンズに当たるところで、黒目の所に光が入ってきて光のピントが網膜というカメラでいうフィルムに当たるところにあうと、その情報が神経に伝わって脳に伝わるという仕組みになっています。

白内障は水晶体というレンズの部分が混濁してしまい、目の中に入る光の量が減ってしまったり、濁りによって光が散乱を起こして見え方に異常(かすむ、眩しい)が出る病気です。

 cataract_img2

 

白内障手術

アクリルという素材でできている眼内レンズを目の中に入れる手術となります。

目に非常に小さい傷口から機械を挿入して濁っている水晶体を取り除きます。

その取り除いたレンズの変わりに眼内レンズを入れます。

 

 

眼内レンズは大きく分けて2つの種類があります。1つは単焦点眼内レンズで、もう1つが多焦点眼内レンズです。

単焦点眼内レンズは読んで字の如く焦点が一つしかないレンズです。

それぞれの生活に合わせて度数(30~40センチの近距離、50~100センチの中距離、2メートルの遠距離)を選び、その他の距離には眼鏡で調整する形になります。

 

 

多焦点レンズというのは複数の焦点を持つレンズなので、メガネをかけなくても近距離~遠距離まで比較的見えることができるレンズとなっています。

しかし、レンズの種類によっては遠くが見えるが近くや中距離が見えにくい、逆に近くが見えるが遠くが見えにくいなどのタイプがあるので、ご自身の生活に合わせて選んでいくということになります。

 

 

中距離の眼内レンズは主婦など家で生活している人に適しています。

洗濯や料理などの家事をするので、家の中で過ごすことが多い方は中距離を選択します。

例えば、レース編みが趣味で近眼、老眼の方は単焦点、多焦点両方のレンズを選ぶことができます。

 

 

単焦点のレンズを選ぶ場合レース編みが趣味なので、近くが見える単焦点レンズを選びと良いと思います。

そして、その他の距離の時は眼鏡をかけるようにします。

 

メガネが嫌な場合は多焦点も選択肢に含まれてきます。

なら最初から多焦点レンズにすればよいかと思ってしまいますが、メリットだけでなくデメリットもあります。

lgf01a201501142000

 

メリット

・メガネなしでも遠、近ともにある程度見える

 

 

デメリット

・ピントがあまい

 

・暗い場所では文字が見えにくい

光の条件が悪い場所では見えにくくなります。

 

・なじまない人がいる

多焦点レンズは遠くのものと近くのものを網膜の上に同時に合わせている状態になります。

そして、その方がどちらを見たいかによって脳で使い分けるようになります。

順応できる方は慣れてくるとその使い分けができるようになりますが、順応できない方は二重に見えたり、全体的にかすんで見えたりしてしまいます。

 

・費用が高い

単焦点眼内レンズは保険が適用できるので片目で6~8万円(3割負担)、多焦点レンズは先進医療ということもあって30~40万円となっています。

 

・夜間の運転に不向き

夜の運転だと対向車のヘッドライトや看板のネオンサインなどの光るものを見た時、光がにじんで眩しく見えたりして運転に支障が出る場合があります。

夜間よく運転するタクシーの運転手さんが手術を行う場合は単焦点レンズが適正だと思われます。

56804259_624

 

多焦点レンズは単焦点レンズに比べて見え方の質が落ちてしまいます。

金額が高いので大きな期待をしてしまいますが、デメリットもあるのでそれを理解してから選択するようにしましょう。

 

生活の中で一番何を重視して行っているかを考えてレンズを選択することが大切です。

よくわからない場合は担当医の先生に相談してメリット、デメリットを考慮した上で選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です